今日は朝からすごい雨です。
梅雨入りでしょうか。

少しだけ心が落ちついてきたのでブログを。
個人的な内容で、本来なら
書かない方がいいかとも思いました。

自分自身、これからブログを続けることが出来るか、
それともそんな気持ちになれないのか。
そんなこともあって。
結婚して10周年を迎え、
夫婦二人の生活が続くのかなと・・・思い始めた時
赤ちゃんを授かりました。

待ち望んでいたことなのに、
うれしさよりもずっと体調がすぐれず、普段通りに動けず
生活できないことに不安を感じていました。

ようやく5月に入り体調も良くなり、
お腹も少し膨らんできて心音が私にも聞こえるようになり、
気持ちも安定し赤ちゃんのことをかわいく、
楽しみに思えるようになった頃
ちょっと不安に思う事があって、妊婦検診の一週間後に
診察を受けたらもう赤ちゃんは助からないと言われ入院しました。
5月31日でした。
安産祈願を6月5日に予定していたので余計につらくて、
毎日泣いてばかりいました。

妊娠5ヶ月(18週を越え)亡くなってから性別も
女の子だったとわかりました。
自分の子なのに退院前に看護師さんから、
お顔を見ますか?と聞かれた時とても一人では
無理で、夫と一緒でないと無理でした。

顔を見たとき自分を責めたり、後悔ばかりしていた気持ちが少しなくなり、
不思議な感覚ですが、あぁこの子がお腹に居たんだと確認し、
赤ちゃんを、苦しませたんじゃないかと思っていたので、
想像と違ってすごく安らかできれいな顔を見て
気持ちがすとんと落ち着きました。

退院して赤ちゃんが空に旅立つ準備を整え、見送りしました。

今は落ち込んだり、前向きになったりを繰り返しながら
普段通りの生活をすることで気持ちを落ち着かせようと
している所です。
自分一人の力では無理で、夫や夫や私の実家にも頼りながらの生活ですが。

今までの人生の中で一番つらく悲しいことだったので、
どれくらいかかるか分からないけれど、
病院の先生からは何回も言われた言葉ですが、
「自分を責めない」
気持ちを前向きに行こうとは思っています。
後悔は尽きないけれど、しばらくは体と心の回復をして
今回の妊娠と赤ちゃんから学んだ事を忘れずに、
そして夢や希望を持っていこうと思います。
スポンサーサイト
2010.06.15
コメント記入欄