21日は父の日でした。

今年は実家の父が入院していて、
前までは無理だった
口からの食事が出来るようになり、
あげてもいい許可が出たので、
大好きな甘いものや飲み物、ヨーグルトやゼリーを贈り

そして夫の父にはベルトを贈りました。

本当に気持ちだけのものですが、
直接渡せて、元気な顔を見れてよかった。

とか言いながら、お互いの実家で野菜を貰ったり、
夫の実家ではご飯をごちそうになったりと、
甘えてばかりのような気がしないでもないですけど(゜▽゜;)
スポンサーサイト
2009.06.22
コメント記入欄

~陽菜多さんへ~

うんうん。そうですよねー!
うちは友達親子ではなかったので、
対等に口をきいたりは出来なかったけれど、
いつのまにか親が子を頼る年齢になり、
入れ替わってではないけれど、そんな
感覚にとらわれるようになりました。

頼れることは頼って、助けられることが
あれば助けて、無理のない範囲で
持ちつ持たれつそんな関係でいたいな~。

キッカ | 2009.06.24(Wed) 20:04:32 | URL | EDIT

どちらの

お父さんもきっと嬉しかったと思うよぉ~♪

私は‘親の経験’というものを実感したことがないけれど
子供が親に甘えるのはこの上ない幸せな事だと思う。
大きくなってしまうと、親との距離が長くなり
今まで見上げていたのが、何時の日からか見下げてしまうようになる。
それは子供が成長するからだけど、やっぱり親は親。子供は子供。
幾つになっても甘える事って大切な事よね^^
そして、甘える子供を見て「まったく・・・」とか言いながらも、どこか
嬉しさをを隠せない親(笑)

陽菜多 | 2009.06.23(Tue) 20:47:10 | URL | EDIT